DDの長さも重要・・

システムトレードは資金管理で勝つ

 

リアルとバックテストって、、同じようにはいかないけど・・参考にはしてる方は結構いるかと思います。。

で、最大DDってよく見てる方いますが、全然増えないかもしくは下降する期間(青➡)も結構重要ですよね。。

 

上のバックテストの数値だけみると・・

 

純益・・$13825 最大DD $1202で、、勝率約50%で損小利大のスイング系ですが・・(自作EA EURUSD)

 

ほとんど横ばいだったり、、下降している期間が結構長い事が分かります。

正直、この長さに耐えて稼働し続けれる方はほとんどいないのではないかと思います。

このEAの場合、直近が上を向いているし、上がり始めるとしばらく赤矢印の期間が長い傾向にありそうなので稼働してもいいけど不調になったら止めるのもアリな感じですね。。
それか前もって稼働停止条件を決めて、それまでは放置稼働するとか・・

 

以下は、一本勝ち_EURUSDのバックテスト曲線ですが、、こんな感じだとストレスが少ないかもしれません・・

まぁ、、バックテスト同様の損益曲線になれば・・・ですが。。

でもでも・・やっぱり、売れてきましたね

いつか「先輩」のドル円を超えたい!「始発」キャンペーン実施中。
一本勝ち_EURUSD
一本勝ち_EURUSD | fx-on.com

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

  1. 管理人さん、QuantAnalyzer使ってますか?
    英語だし、解説しているサイト少ないので、おそらくなのですが
    Stagnation in Days と % がおそらくDD期間を示してると思います。
    偶然なのですが、最近私もこの項目を重要視し始めましたw

    • あともう一つ発見したのですが、EAのバックテストを複数読み込んで
      ポートフォリオを作成した後、そのポートフォリオを選択して
      Portofolio Correlationを実行するとEA間の相関性が計算できます。
      FX-ONで公開されているバックテストはダウンロードできるので
      自分のEAとの相関性が購入前に大体わかります。

      • にゃーんさん こんばんは

        >QuantAnalyzer使ってますか?

        はい、使ってます。バックテストを分析するのに凄くいいですよね^^

      • にゃーんさん、、

        EAの相関性もみれるのは便利ですよね。
        私も重宝してます。。

        DD期間の長さって、DDの大きさと同等に重要なんじゃないかなと思います。EA開発者にしてみれば、大きさが重視されるかもですが運用する側からすると全く増えない期間が長いと稼働できなくなっちゃいますからね~。

        それに勝率なんかも低すぎると稼働継続が難しくなったりするし・・・ 運用のしやすさも重要ですね・・。。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。