読んでみようかな~ 

システムトレードは資金管理で勝つ

月光為替さんお勧めのプライスアクションの参考書だそうです。

この本の存在は知ってました、、、が、読んでません。

理由は、かなり難解というか読みにくいからです。ローソク足の動きを図もなく文章だけで説明してたりして、読むというより解読しないといけないらしく諦めてました。

でも最近、裁量やっててこちらの記事に書いてある通りだと強く思うようになってます。

矢印のサインやテクニカルのみに機械的にエントリー・決済するならEAに任せておいたほうが裁量より遥かにいいと思います。極端にいうと矢印のサインが状況によって買いにも売りにもなるという感じでしょうか・・・

結局のところ、裁量は自分で考えて試行錯誤していくしかないのではと思ってます。その参考になればと思い、買おうかどうしようか悩んでます。

私の頭で、理解可能だといいのですが・・・

 

プライスアクションとローソク足の法則

プライスアクショントレード入門

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

  1. larryさん

    こんばんは。lfxです。

    記事にされている書籍、以前、私も購入して読んでみました。
    しかし、圧倒的な活字だらけの展開で、挫折しましたよ。

    理解云々の前に、気づくといつも寝落ちしている感じです^^;

    確かに、もう少し図解があればな〜、、、という気がしました。

    でも、本気でぶつかるなら、素晴らしいきっかけになる書籍なのかも知れないですね。

    • lfxさん こんばんは

      いつもどうもです(^^)

      さて、lfxさんでも挫折するぐらい難解なんですね、、私もそれが気になって購入できないんです。
      良書だとは思うのですが・・・・

      で、今回 FX 5分足スキャルピング-プライスアクションの基本と原則のほう買っちゃいました。こっちなら読めそうです。
      裁量も頑張っていこうかと思ってるんで、頑張って読んでみます。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。