Lightning Strike

システムトレードは資金管理で勝つ

Lightning Strike


0 コメント

DLmarketで、半年間のフォワード実績があるEAが発売されましたね~。

開発者はTrading Edgeさん。Lightning StrikeというEAです。

EAの概要

EA名 Lightning Strike
通貨ペア EURUSD,USDJPY,GBPUSD,AUDUSD
時間軸 M15
タイプ スキャル~
MAXポジション 6(任意で設定可能)
価格 29800円~59800円

公式フォワード

 公式バックテスト

 キャプチャ
ヒストカルデータ:FXDD
スプレッド
EURUSD:2pips
GBPUSD:3pips
USDJPY :2pips
AUDUSD:3pips

総評

なかなか期待できそうなEAの登場ですね
バックテストを広めのスプレッド設定でテストしてるのも好感が持てます
公式フォワードも4月からと半年以上しっかりやってからの公開もいいですね~

 

まずは販売ページをみてみましょう。

 

”統計的・戦略的なエッジを持つEAでFXトレードをより有利にしたい!!”
という考えから試行錯誤を繰り返してようやく完成したEAのようですね。ふむふむ

Lightning Strikeの優秀ポイント

  • 2007年からの長期バックテストでの安定性
  • 相互補填効果を狙っての複数通貨ペア運用による安定性
  • 利益と損失の割合がほぼ互角
上記3つを挙げてますが、3つ目の利益と損失の割合がほぼ互角というのが、このEAの特徴ではないかと思います。
(開発者の説明が以下です)

EAの中にはPFを高くして「良いEAに見せる」ために、ストップロスを大きくしテイクプロフィットを小さくするという設定を行うものや、狭いスパンでトレイリングストップを多様するというEAがあります。

しかしこれらの細工を施した上でPFを高めたEAのほとんどは、利益と損失のバランスを崩しています。
例えば平均利益が10に対し、平均損失が-50等のようなアンバランスな状態のものは、数値のとおり1度の損失で多大な損失を被るリスクを秘めているという事です。

なるほど・・・
Trading Edgeではこの利益と損失の割合(リスクバランス)について、最大でも利益1に対し損失は3が上限と考えています。
上記例の場合ですと、平均利益が10であれば、平均損失は-30以内でなければリスクが高すぎるEAと考えます。Lightning Strikeの長期バックテストでは平均利益が20.761に対し、平均損失が-17.875とほぼ互角の状態(1:1)です。
このデータから見ても利益と損失の平均割合が互角ですので、Lightning Strikeのリスクは限定的だと判断いただけると思います。

 

ふむふむ・・・・ なかなかこだわりがあっていいですね~。

 

次にmyfxbookをみてみましょう!!

 

キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

 

ふむふむ、全通貨プラスとは・・・ ご立派です。
で、ちょっと気になったのが TP・SLが設定されていない・・・
そこで、開発者様に質問してみました。
TP・SLともに内部判定にて処理を行っています。
またエクジット(手仕舞い)については別途テクニカル判定も採用しています。
損失度合についてはStopLossパラメータで指定するのですが、ボラティリティベースの入力値のため相場状況によって変化します。
参考データとして各通貨ペア単体テスト時の数値がございます。
(0.1lot固定 ドル建)
EURUSD
Avarage loss trade(平均損失) -15.463
Largest loss trade(最大損失) -125.00
GBPUSD
Avarage loss trade(平均損失) -18.713
Largest loss trade(最大損失) -151.17
USDJPY
Avarage loss trade(平均損失) -19.018
Largest loss trade(最大損失) -113.34
AUDUSD
Avarage loss trade(平均損失) -22.715
Largest loss trade(最大損失) -112.45
上記は2007年1月からのテスト結果で得た数値です。
8年強のさまざまな相場・ボラティリティがあった中での数値のため信用性は高いと自負しています。
また今年4月から開始・公開していますMyfxbookのフォワードをご覧いただけますと一目瞭然ですが、4通貨の合計成績からの分析でも平均損失は11pips強となっており、各詳細部分も成績面もバックテストとの乖離はあまり無いという事が立証出来ていると自負しています。

 

で、もう一つ気になる事が、、、、 それはEA名のLightning Strikeという名前!! どこかで聞いたような・・・・
そう、、、LightningScalperと似てる・・・ しかも 画像まで稲妻があったりで似てる・・・
気になって睡眠不足になると困るので 思い切ってこちらも聞いてみました。

 

こちら全くの無関係です。確かに似たような名前ですね(苦笑)

 

し、、、失礼しました。。

 

ふむふむ、ここまで見てきた感じだと結構良さそうです。平均利益と平均損失が同じような感じで運用しやすそうだし、こだわりもあっていいですね。ちょっと気になる点は、SLが相場のボラティリティベースにあわせて処理されるため、ボラが大きくなった時、どの程度の含み損を持つのかですが、、2007年からのバックテストでも、それほど大きくないし大丈夫ではないかと思います。

 

半年以上のフォワードで、全通貨プラスなのは優秀なロジックの可能性高いので期待大です

 

尚、販売価格は予定数量に達した時点で順次値上げされるようです。
~20本まで  29800円
21~40本まで 34000円
41~60本まで 39000円
61~80本まで 44000円
81~100本まで 50500円
101本以降    59800円

Lightning Strike

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。