超(スーパー)SCH-Trend system

システムトレードは資金管理で勝つ

先日より気になってましたSCH-Trend systemの成績の乖離。

どうやら、私の稼働しているSCH-Trend systemは

スーパーSCH-Trend systemのようです。(笑)

キャプチャ

 

今週  +421.1pips

キャプチャ

キャプチャ

相互リンクしていただいてる方の SCH-Trend systemの成績を拝見させていただくと 業者によって多少違いがあるんですが、マイナスのようなんです。それなのに 私は +421.1pipの大幅なプラスです。

FXONさんの成績だと、、ん、、プラスのようですね。(計算間違いでなければ・・・)

FXCMジャパンさんで取引されてる方は、私同様プラスかと思いますが、スイング系のEAでも 業者で結構違いますね。

トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

  1. いつもお世話になっておりますm(_ _)m
    カワセ係長でございます。
    Larryさん、ちょっとご無沙汰ですね^^

    成績の差異については、私もちょっと気にしていました。
    開発者としての見解について、少し述べさせていただきます。

    当該EAはどちらかと言えばプライスアクション系に近いロジックです。
    例えば、過去何本の高値を超えたら買い/逆なら売り。
    それに対し、ローソク足が際どいポイントにおりますと、
    あるブローカーでは高値を僅かに超えたが、
    別のブローカーでは超えていないのでエントリーは4時間後に持越し、、、
    などの現象が起こりえます。

    スキャルタイプなどでしたら、
    ローソク足1本分エントリーが遅れてもその差は僅かですが、
    スイングの、ましてやポン円で動くEAですので、
    4時間もエントリーがズレてしまうと、その差は必然的に大きくなります。

    これが、最近のブローカー間の差異に対する現時点の見解です。
    (この内容は、近日中に私のブログでもご案内予定です)

    さて、これに対する明確な対応策は現時点で見出せていません。
    短期的に成績の良し悪しがあっても、
    ブローカーに対する相性は中長期的に判断すべきためです。

    ちょっと前でしたら、alpariとpepperがお勧めです!と言えました。
    その理由はalpariとpepperで実際に稼働して、結果が良かったためです。
    (投資顧問ではありませんので、実際にはそれは言えませんが・・・)

    本件では明確な理由を示すことが出来ずにすみません。
    取り急ぎ、現在の見解として回答させていただきました。
    今後とも宜しくお願い致します。

    カワセ係長

    • カワセ係長さん

      いつもお世話になっております。
      こちらこそご無沙汰しており、失礼いたしました。

      開発者様より、詳しい説明のコメントをいただき ありがとうございます。
      4時間足を使用するEAだと、業者間・スプレッドに差異はあまりないという印象でしたが、微妙な判定でこうも違うんですね。
      現在FXCMでの稼働ですが、たまたま良い可能性もあり長期でみれば その差がどうなるかはわからないですね。

      私のSCHの成績は、1月-40.2 2月273.8 3月332.3 4月406.9pipsとマイナスなのは1月だけで絶好調です。(多少裁量が入ってます)
      公式やカワセ係長さんのブログで苦戦しているような記事をみて不思議でした。

      本当に、私のはスーパーSCH-Trend systemなのかもしれません(笑)

      larry

コメントする


※メールアドレスは公開されません。