負けは負けをよぶ

システムトレードは資金管理で勝つ

負けは負けをよぶ


0 コメント

ギャンブルでは、負ける人は負け続け、勝つ人は勝ち続けるという定理が確率論にはあるようです。

逆正弦定理という定理のようですが、ギャンブルで負ける人は負け続けて、勝つ人は勝ち続けて、 その勝ち負けが逆転する確率はもっとも低いという定理。

だそうです。うひょ~

たとえば 5人の人がコイン投げで賭けて 表が+100円 裏が-100円というギャンブルがあった場合、確率的に表が出る確率も裏が出る確率も1/2なので 5人とも同じような感じになるはずなのに、時間がたつにつれ 表が多く出る人と裏が多く出る人がでてくるようで、負ける人は負け続け 勝つ人は勝ち続け その差はだんだん大きくなり 逆転する確率は とっても低くなるという事らしいです。

これ、トレードでも同じような事ないですか・・・ 負けが負けを呼び 勝ちが勝ちを呼ぶ。

負けてる人は、どこかで負の連鎖を断ち切り、勝てるように努力していかないといけないのかもしれません。

難しい事は 分かりませんが運というものは歴然と存在し、トレードに多少なりとも影響すると思います。

では、いかに 運をよくするか・・・

対策は・・・

 

 

 

キャプチャ

を置く。これだ!

 

 

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。