水温4℃銘柄投資法マニュアル

システムトレードは資金管理で勝つ

FXONさんのメルマガで PICK UPされていたので読んでみました。

私自身は、株はやってないです。でも 時間的な余裕がでたらやってみたいな~と思っています。

MT4のようなプラットフォームで、自動売買ができるなら最高なんですが なかなか難しいようですね。私的には、株をやるなら やりたいやり方があって、そのやり方でやる予定ですが、参考になるものは何でも吸収したいので見てみました 。

まず 水温4℃って何??となりますが、以下引用です。

水は水温4℃が一番重くなり、それ以上水温が下がると逆に軽くなり、凍ると水面に浮きます。この性質は、ちょうど株が下げ続けてから大底打ち~上昇に転じる状況と類似しています。

というところからきているようです。

ざっと読んでみましたが、しっかり書かれていると思います。株初心者の私の感想は、、

へ~ そうなんだ~ ふむふむ そんな感じなの? ほ~

といった感じです。

なにを言ってるかさっぱり分からんと言われそうですが、EAと違ってPDF形式の商品だから あまり書くと ネタがばれてしまいます。(汗)

そして私は そういう事をやってしまう おっちょこちょいな人間なのです(=゚ω゚)ノ

で、細心の注意をしながら 差し障りのない程度で書くと、

この投資マニュアルは、倒産リスクの少ない低価格株を探す手法で、そのやり方が具体的に説明されてます。初心者向けの1円抜きデイトレ手法なんてのも 具体的に解説してありますね~。

具体的には、また引用します。

水温4℃の三条件とは?

絶対株価ゾーン 価格が○○円~○○円のゾーンである
相対株価ゾーン 過去2年間の間で株価が○○なとき
指数的な株価ゾーン テクニカル指標で月足チャートの○○が○○なとき

①~③それぞれの条件を満たす場合でも、複数満たす場合でも買いを入れます。①の場合は、ナンピンしてさらに買いを入れることもできます。

とこんな感じです。

結構しっかりした内容で、これから株もやってみようという方には なかなか良いのではないかと思います。この手法が有効なのかどうかは、実際やってないので分かりませんが 考え方とかが学べたんで 得るものがありました。

まだ先にはなりますが、株も面白そうですね。

水温4℃銘柄投資マニュアル
水温4℃銘柄投資法マニュアル
水温4℃銘柄投資法マニュアル | fx-on.com

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。