アルパリ破綻の影響

システムトレードは資金管理で勝つ

アルパリ破綻の影響


0 コメント

私自身のアルパリ破綻の影響を、日記代わりにまとめてみようかと思います。

まず、アルパリ専用だったForex White Bear V3は使用不可なので 運用終了とします。
お勧めにしてるので、不本意なのですが購入してまでという気持ちにもなれずです。

理由として

  1. 今月、15万ほどのマイナススタートになってまして お財布事情が芳しくない。
  2. WhiteBearV1EX (OANDA口座開設で無料でいただいた)を稼働するんで、必要性をあまり感じない。
  3. アルパリ以外のブローカーで、スキャルEAのパフォーマンスが不明なため。

です。現状まだメインブローカーを決めかねてますが、FXCM,OANDA、Myfxmarketsで同じスキャルEAを稼働した場合の リアルの成績の比較等を検証してます。

期間が短いので参考にはなりませんが、21日からAscalonとShadowHuntersⅢをFXCM,OANDAで同時稼働開始して検証してます。

(昨日のECBの時は2時間ほど停止しました)

Ascalon

OANDA 24回トレード +317.2pips

FXCM  21回トレード +328.5pips(取引ごと別途手数料かかります)

ShadowHuntersⅢ

OANDA 7回トレード -70.8pips

FXCM  7回トレード -70.8pips(取引ごと別途手数料かかります)

またスイング系のスプレッドに厳しくないEAに関しては、試験的にFOREX.COMにて運用開始してます。

また、海外EAに関しては 必要性を感じるEAのみアカウント変更を依頼しそれ以外はこの際 さよならしました。依頼したところは、迅速に対応してくださり一安心です。

少しづつですが、今後の道筋も見え始めてきたんで まずは今年の収支をプラスにもっていけるよう努力していきます。

落ち着いたら 新規EAも追加予定です。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。